« 8月の集計 | トップページ | ペドロス クイックリリース マルチツール トゥーリオ »

2012年9月 1日 (土)

ヌードにしてみた。

1年半使った新城モデルのコレ。356 気付くとメッキが剥げまくってみすぼらしい感じです。

で、どうせなら坊主の精神で、メッキを剥がしました!362

綺麗に真っ白ですね。

しかし、メッキをはがして気付いた事は、つるの当たりが優しくなった事ですね。メッキで素材のしなりが抑えられていたようで、素材本来のプラスチックの弾力に成りました。

これは、メッキだけに言える事じゃなく、普通の塗装にも言えて、塗装の厚みでそれこそ自転車のフレームの弾性・剛性コントロールもされる(なされている?)のです。(某G社のフレームはクリア層が相当厚いらしいとか・・・。)

新車と比べると、だんだんフレームが柔らかくなる気がするのは、この塗装面の劣化が一因じゃないかと僕は思っています。

« 8月の集計 | トップページ | ペドロス クイックリリース マルチツール トゥーリオ »