« 超高機能アンダーウェア"X-static" | トップページ | シューズ慣らしの裏技? »

2007年6月28日 (木)

ツールド美ヶ原で使った飛び道具。

DMTのnewモデル”マグライト“は、実測465g(41サイズ・ペア)と最軽量です! (カタログ値は、227g/片足ですが、いいんです。いままでより、120gほど軽くなりましたから。) その名のとおり「マグネシウム」をソールに使っています。これによりカーボンソールより薄く、放熱性も高いらしいです。何よりいいのは、その製法です、アッパーに継ぎはぎの縫い目が有りません。一枚革(マイクロファイバーの人工革です)を靴底で縫い合わせた袋縫いで、縫い目のゴロゴロ感がなく痛くなりにくいです。待った甲斐がありました、かれこれ6箇月・・・。レースまで2週間しか慣らし出来ませんでしたが、でもいいんです。DMT気に入りました。ただ、高いんで、通勤用なんかには、”ガス”と言う一万円ぐらいのモデルが良さそうです。ソールは、グラスファイバー強化ナイロンですが。袋縫いだし。タンの無い、左右の革を重ねるように閉じる、変わった形をしてます。

« 超高機能アンダーウェア"X-static" | トップページ | シューズ慣らしの裏技? »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196648/15584413

この記事へのトラックバック一覧です: ツールド美ヶ原で使った飛び道具。:

« 超高機能アンダーウェア"X-static" | トップページ | シューズ慣らしの裏技? »